鼻のニキビ

鼻の脇にできた厄介なニキビ。「タコの吸出し」軟膏を使ってみる。

鼻の周りにニキビが定期的にできます。Tソーンが脂っぽく、特に鼻周辺は特に皮脂の分泌が著しい肌質なのでしょう。

角質も鼻の周りはたまりやすいので、週に3回くらいは、スクラブ洗顔を使っています。そして年に数回は、鼻パックをして角質をビリビリと剥がして、綺麗にしています。

しかし、Tゾーンを中心に、洗顔を含めケアしていても、定期的に小鼻の周りに直径2ミリくらいの赤っぽいニキビができます。

そのまま、ニキビが治ることを待っていれば良いのでしょうが、つい、気になってしまい潰してしまいます。その結果、いつも完全に治りきらず、結果、そのニキビが「おでき」になってしまいました。

「おでき」になり始めの頃は、痛みを伴っていたのですが、今は全く痛みなく、鼻の横にぽつんとお出来になっています。

鏡を見るたびに憂鬱で、インターネットを利用し、このニキビが「おでき」になったものに効果がある薬がないか探したところ、「タコの吸出し」をつけると、「おでき」が治るとの事で、購入しました。

緑色の固めの軟膏を綿棒ですくい取り、患部に塗布しました。その後に、サランラップを小さくして、軟膏が取れないように貼り付けました。

この処置を1週間ほど行ったのですが、患部になんの変化もなくやめました。インターネットで見つけた体験談には、患部がジュクジュクしてきて、やがて芯が取れると書いてあったのもありましたが、私の場合は、変化なし。

おそらく、固まりすぎてこの「タコの吸出し」でもびくともしない状態なのだろうと思いました。もっと、ニキビが出来始めた頃に、この薬を付ければ良かったと後悔しています。