生活習慣

手軽にはじめられるニキビケア、それは生活習慣の改善です

ニキビは青春の証ともいわれますが、年頃の若者にとっては気になるものです。

ニキビを治そうと市販の薬を買ったり、症状がひどくなれば病院に行ったりすることもあるかと思います。

ニキビ対策として、これらはとても有効ですが、もっと日頃からできることを実践することも大事と思います。毎日のケアということができ、食生活において気をつけるべき点を押さえておきます。

食事は毎日、3食摂るものです。だから長期的にみればすごく影響がでることもあります。あまり神経質になる必要はないのですが、なるべく脂っこい物ばかり食べないことが肝要かと思います。

過剰摂取した脂肪などはニキビをより悪化させる原因になるからです。特に若い頃は、お肉ばかりを食べたがるものです。

しかし、バランスを欠き肉ばかりを食べていたら、皮脂の分泌を促進させ、ニキビの発症ならびに悪化の一因になってしまいますので注意しましょう。

肉、魚、野菜とまんべんなく食べることが重要です。つまりバランスが大切ということです。また、アルコールやタバコなどもニキビには大敵といわれています。

これら嗜好品は誘惑が多いのですが、過剰摂取はやはり禁物です。ニキビは誰にでも起きる現象ですが、毎日の食生活を見直すだけでも効果は期待できます。極端な食生活をあらため、バランスを考えた食生活を実践したいものです。